ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、1年間の消費エネルギー量より太陽光発電など住宅でつくったエネルギー量が多い、または差がゼロになる住宅のことです。

三協のZEH

三協のZEH太陽光発電システムや家庭用燃料電池などでエネルギーをつくる「創エネ」。IT により高度な制御を行い、家電や設備機器をシステムにつなぐことでエネルギーの需給の最適化を図る「HEMS」。そして、断熱や気密性能を高め、室内温度を年中快適に保つことで、エアコンの使用頻度を低減させながら最新省エネ機器などの導入により、無駄なエネルギー消費を抑制する「省エネ」。これらを効率的に追求する事により、家庭での消費エネルギーの収支が0 もしくはプラスになる住宅をご提供致します。

国がすすめるZEHの標準化(国の補助金、地方自治体の補助金がもらえます)

政府は「エネルギー基本計画」において、ZEH の推進とその導入目標を掲げ「2020 年までに標準的な新築住宅でZEH を実現し、2030 年までに新築住宅の平均でZEH を実現する」としZEH の導入を補助金などによる支援策で積極的に支援しています。また、太陽光発電システム、HEMS などは個別に補助金が設けられています。詳細情報については、各省庁、自治体にご確認ください。

三協ハウジングのZEH普及目標及び達成率
2016年度
(平成28年度)
2017年度
(平成29年度)
2018年度
(平成30年度)
2019年度
(平成31年度)
2020年度
(平成32年度)
ZEH受託率 6% 10% 17% 29% 50%
達成率 100% 100%