地震に強い三協品質

地震に自信あり!時代は制震へ。

減振くん本来住宅とは、風雨や地震といった自然災害から住む人を守るものでなければいけません。三協の家は、標準で長期優良住宅仕様。住む人がいつまでも健康で明るく暮らせるために、家を長持ちさせるための様々な工法や材料を施しています。さらに、長い年月の間にもメンテナンスのしやすい家づくりをも心がけています。確かな腕による施工はもちろん、地元ならではのアフターサービスなど、三協の家なら安心・安全に暮らせます。

住宅用制震ダンパー(減震くんスマート)についてはこちらをご覧ください。

将来の地震にも安心の骨太構造。
木の強さが家族を守る、三協の家なら安心です。

強度アップ施工(三協ハウジング独自の施工方法)

強度アップ家の内部やボードの下地にヒノキ無垢材のバラ板を30cm間隔で張り巡らせ、より頑丈な耐力壁に仕上げています。断熱材の施工も効率的に行え、強度が倍増できる当社オリジナルの施工方法を採用しています。

エンジニアリングウッド(無垢材の1.5倍の強度のエンジニアリングウッド)

エンジニアリングウッド木造軸組工法で使われる、通柱、隅柱などの構造材には、構造計算の基準以上の強度を持つエンジニアリングウッドを採用。大きくてしっかりとした梁や桁、柱が、強度に対する安心感をもたらしてくれます。

高耐久ベタ基礎(将来の地震にも安心な構造)

高耐久ベタ基礎徹底した地盤調査を行い、スラブ厚1 5 0mm、13mmの鉄筋をベースにしっかりとしたコンクリートベタ基礎を仕上げます。将来に渡って安心して住める頑丈な基礎を提供し、強固な家を実現します。

剛床(地震の際のねじれを防止)

剛床「剛床」は28ミリの合板を使用。せん断強度が高く、木部破断率が低いカラマツ材は、材質的に強度及び精度に優れています。

基礎ロングパッキン工法(床下の通風を良くして強度を落とさない)

ロングパッキン床下換気に有効な工法で、基礎の上端全体にロングパッキンを敷き詰め、基礎と土台の間でコーナーにまで通風を良くし、基礎の強度を落とさないという利点があります。従来の工法より、約1.5~2倍の換気性能があります。

釉薬瓦(防災瓦)(独自のスーパーロック工法で屋根を守る。台風・地震に安心の釉薬瓦)

瓦のアンダーロック下の瓦のハイパーアームが上の瓦のアンダーロックをがっちりと押さえ込むため耐風性能が発揮されます。台風時などの強風に威力を発揮するオリジナルな工夫です。

耐震断熱パネル(地震に強く、火災にも強い断熱性能も優れた次世代省エネ対応)

耐震パネル高強度の耐震パネルによって、軸組工法をパネル工法のような面構造にすることができ、優れた耐震性を実現しました。また断熱材一体型のため現場での断熱施工が省力化され、安定した断熱性能とトータルコストにも優れています。

乾式外壁タイル(高耐久で長寿命住宅にふさわしい外壁全面張りにおすすめの外壁タイル)

乾式外壁タイル本物のやきものならではの風格のあるタイルは、濃い土色に金属の質感が加わった重厚な色合いが特徴で、落ち着きのある高級な雰囲気の住宅外観をつくります。しかも汚れにくく雨で汚れが落ちやすいので住宅外観の美しさをいつまでも保ちます。

標準長期優良住宅仕様

長期優良住宅仕様
※住宅性能等級につきましてはプラン及び諸条件により表記の等級が取得できない場合があります。
※長期優良住宅の申請にあたっては別途申請費用が必要となります。
※プラン及び諸条件によっては対応できない場合があります。